内職&在宅ワークnavi

専業主婦や副業におすすめ!自宅で出来る安心の内職&在宅ワーク

内職単価表(相場)

内職単価表(相場)

投稿日:2018年2月11日 更新日:

内職の種類や単価、時給の大体の相場を一覧表にしてみました。
あくまでおおよその目安に過ぎませんので参考程度にしてください。

内職の種類 内職の単価
シール貼り 単価0.1~2円(郵送で自宅に届くケースもあり)
ゴムのバリ取り 単価0.2円~10円
値段カット 単価40円
ダイレクトメール封入(テッシュ広告入れ) 単価1円
マスクの封入 時給換算179円
100均商品の袋詰め 単価1.5円~
ボールペン袋詰め 単価0.5円~2.5円
ボールペン組み立て 単価0.4~1円
箱折り・箱組み立て 単価0.5円~100円
ガチャガチャ詰め(組み立て) 単価2円~
ワイヤーハーネス組み立て・加工 単価0.8円~20円
縫製・ミシン・手縫い 単価2円~800円
ビーズアクセサリー制作(袋詰め) 単価15円~100円
自動車部品の組み立て 単価0.5円~55円(ハーネスなどの場合は単価が安い)
電子部品の組み立て 単価10円~50円(ハンダ付けなどがあると少し高くなる)
大葉(しその葉)の結束 単価1円~4円
お守り作り 単価2円~20円
猫じゃらし 単価0.5円~3円(複雑なものほど単価が高くなる。製作だけでなく編み直す内職も)
マグネット作り 単価3円
在宅ワークの種類 在宅ワークの単価
データ入力 単価100円など(入力の難易度等によって異なる)
ブログライター 1記事200円~
採点・添削(バイト) 時給100円~

スポンサーリンク

内職で単価を教えない状態で仕事を依頼されるケースがあるようですが、
内職をする前から単価を教えてもらえない場合には辞めた方が良いと思います。
通常の仕事で時給不明のまま仕事をするような事は到底考えられない事ですし、
常識として最低限の情報でもありますので単価も教えてもらえない場合は受けるべきではないでしょう。

法律上、内職者は労働基準法に基づく最低賃金は適用されませんが、最低工賃として家内労働法による保護を受けます。
ただしこの家内労働法では都道府県労働局長が労働基準法に基づく最低賃金を考慮して決定する事が出来ると言うだけで
内職すべての種類に対して規定されているわけではなく、都道府県ごとに定められているのが現状のようです。

どのような内職(特定の種類)に最低工賃が定められているかについては各都道府県の労働基準局賃金課で調べられるようです。
お住まいの都道府県によっては内職の種類によって最低工賃が定められている場合もありますので
あまりにも単価(工賃)が安い場合には1度調べてみると良いかもしれません。
該当する場合はそれを指摘する事で最低工賃以上で対応してもらう事が可能になってくると思います。

内職の相場を時給に換算すると大体200円~300円程度(簡単な内職)と言われているようです。
ただ、基本的には単価ですので作業のスピードや作業量の個人差によって時給は左右される部分になってきます。
時給換算で400円以上になれば上出来で500円以上になれば高単価な内職であると言えるでしょう。

単価の安い内職で数を多くこなすか、単価の高い内職で1つ1つは手間がかかるけど少ない量で達成するか
それぞれ自分にあったスタイルで内職を選んだ方が長続きはすると思います。
単価のいい内職や人気ジャンルの内職は募集があればすぐに埋まってしまいますので
見かけた場合は早めに応募、確認をとってみると良いと思います。

ただし、実際に受けるかどうかになった際には詐欺まがいの内職には充分注意してください。
最初から高額の費用が必要なものは100%おかしいと思った方が良いと思います。
最初に高額の費用がかからない(非常に軽微なもの(軍手代等)ならかかる場合もあります。常識的な範囲で考えましょう)、
明確な単価を教えてもらえる所で内職や在宅ワークをするようにしましょう。

スポンサーリンク

-内職単価表(相場)

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

カテゴリー